『和魂進取』…『和魂』と『進取』を併せ持ち、感動と元気溢れる世界へ


サービス・ホスピタリティ・人創りの世界No.1ラボであり続ける


一人ひとりが持つ価値観を把握し、世界に必要な存在であることを自ら認識すると同時に、一人ひとりの可能性・潜在力を最大限に引き出す誘因を作り上げ、行動に移していきます。その結果として、自発的に自らの可能性・潜在力を最大限に引き出す「習慣」を体得し自己実現を可能にする体系的なメソッドです。
ストロークは自分や相手の存在や価値を認め、より豊かに、楽しく、イキイキと生きていく方法の一つで、誰もがもともと持っている資質です。
ストロークメソッドを学ぶことで、言葉と行為によって、心の変化が起き、これによって、感情(自発)を元にした自分の認識以上の能力開発が可能となります。


人は認められると、力が湧いてきます
人はほめられると、自信が出てきます
人は励まされると、希望を持てます
人は任せられると、工夫するようになります
人は期待されると、モチベーションが上がります
人は感謝されると、素直になれます
人は応援されると、楽しくなります
人はねぎらわれると、元気が出ます
人は優しくされると、思いやりの心が生まれます
人は信頼されると、最善を尽くしたくなります
人は尊敬されると、それに値する人になりたくなります


茶の湯とは、本来禅の精神を体現し、日常生活に落とし込んだいわば禅作法です。
本来の禅的な「内省」や「感謝」・「調和」といった精神性や行為を深めていきます。

『茶禅』は、茶の湯を通した日本の誇る「減」と「和」の禅的即興劇であり、
「究極の自己実現瞑想法」です。

引き算で自分自身の無駄なものを省き、内省する。
そこに本当の自分自身を感じ、本当の豊かさを想像(創造)し、感謝(感動)で
時間・空間を調和させる。
【内観】⇒【想像(創造)】⇒【調和】のプロセスを通して、
自立と共生の小宇宙を体現していきます。

心(精神)と身体の修養法である茶の湯。
沈黙の中で、自分自身を観る。自分とは何かを感じる。
不完全さが想像を創り、想像のはたらきで未完成を補う。

人生とは、自分を磨く自己実現。自分を磨くことは、自分ひとりでは決してできない。
自分磨き=「人」を思いやり、「人」をもてなし、調和し感謝すること。
すべてはひとつとわかり、豊かさに感動すること。

『茶禅』では、誰でも簡単にそれを体験することができます。