一人ひとりが持つ価値観を把握し、世界に必要な存在であることを自ら認識すると同時に、一人ひとりの可能性・潜在力を最大限に引き出す誘因を作り上げることで、自発的に自らの可能性・潜在力を最大限に引き出す「習慣」を体得し自己実現を可能にする体系的な教育訓練方法です。

ストロークを身につければ、誰もがもともと持っている資質を活かして、自分や相手の存在や価値を認め、より豊かに、楽しく、イキイキと生きていくことができます。

人は感情の影響を強く受けています。
ストロークメソッドを学ぶことで、言葉と行為によって、心の変化が起き、これによって、感情(自発)を元にした自分の認識以上の能力開発が可能となります。

ビジネスでもプライベートでもすぐに活用できるのが、ストロークメソッドの特徴でもあります。たとえば、ネガティブな感情を取り払い、人生がきらめいてくる感動や、それに伴った自己実現が可能を大きく伸ばします。

ストローク協会ではストロークについての知識を習得するだけでなく、ストロークメソッドを実践し、教え・伝えることができるプロフェッショナル・インストラクター/コーチ等の人材育成を目指しています。


まずはストロークメソッドの特徴を知り、自分の中にストロークが理想と考える環境を整えます。ストロークスキルを使って自分自身に対してトロークを行うことから始めます。自分自身に肯定的な想いを持ち、自分の価値を認めることで、自らがモデルとなり、体験します。さらに相手にストロークを与えるスキルを学びます。Master Courseで学ぶストロークメソッドは親子、夫婦、兄弟、恋人、友人、先生生徒、職場の仲間、上司部下の関係においても、多面的な効果が期待できます。コース修了者はマスターコース習得者としてStroke Method Instituteが認証します。またさらに上級のGrand master Courseに進むことができます。


第1回 真のコミュニケーションとは
人と関わり方を学びます。人間の関係性を良くするため、信頼してもらうためのコミュニケーション力(傾聴、質問、承認)をつけていきます。

第2回 ストロークは贈り物
ストロークメソッドについて、ストロークの特徴、種類、今、なぜストロークが重要なのかをお伝えします。なぜ現状ではストロークが少ないかを認証し、ストロークをする心の環境を整えます。

第3回 ストロークの与え方(1)
ストロークカードを使ってストロークのスキルを高めます。まずは自分へストロークすることから始めます。言葉の力、行為の力を学びます。

第4回 ストロークの与え方(2)
ストロークカードを使って、相手へストロークする方法を学びます。

第5回 ストロークの受け取り方
素直にストロークを受ける方法を学びます。同時に素直にストロークを求める方法もお伝えします。

第6回 ストロークのフロー
効果的にストロークしていくため、心の流れ(フロー)を意識しながら実践してみます。

第7回 ストロークゲーム
ゲーム形式でストローク効果を深めることを学びます。

第8回 ストロークで創るみんなの幸せ理論
幸せとは、豊かさとは、愛とは、ストロークの考え方を理解することで、自身の夢をかなえていくための案内を見つけます。


ストロークプロフェッショナルインストラクターを目指します。自分だけのストロークに留まることなく、社会に積極的にストロークを広めようとする人を育てます。
誰でももともと持っている資質を活かすのがストロークメソッドですから、リーダーのインストラクターへのコースです。実践を繰り返しながら、ストロークメソッドを家庭、職場に広めて いく人を育成します。ストローク理論を深めていきます。「ストロークジャパン認定講師」としてストロークリーダーとして実践の場で活躍していただくことを目的としている人の為の コースです。希望者には数回のOJTも経験していただきます。
またストロークジャパンの企業向コーチングインストラクターとしてご活躍していただくことも可能です。


第1回 奇跡と言う力
目に見えない力を信じて、心が豊かになる世界を創ります。共感する素晴らしさに気づいていきましょう。

第2回 イメージ力を高める
イメージすることで、必ず現実化に近かづきます。イメージ力を高め自己実現していきます。そのため、瞑想などを通して、内なる自分の声を聴くことを習慣化していきます。茶瞑想の実践。沈黙の効果を悟ります。

第3回 ストロークと賞賛
賞賛の意味を知ることによって付加価値をストロークを現場でどう広めていくかを学びます。感謝・祝福に焦点を当て、物語として語り合うことで、ストロークメソッドの理解を深めていきます。

第4回 ストローキング(1)
相手の可能性を引き出すための手法を学びます。単なる知識ではなく、自発的にストロークできる手法を学びます。

第5回 ストローキング(2)

第6回 ストローキングコンサルテーション(1)
実践の場に入ったときに必要となるコンサルタントとしての基礎知識を学びます。

第7回 ストローキングコンサルテーション(2)

第8回 総合力
ストロークインストラクターとして一本立ちしていただくために必要な事柄を指導します。実践の場に合わせたアドバイスを致します。